媚薬効果のある食べ物5つ

媚薬は入手もたやすくなく、入手できたとしても万人に効果をもたらすわけではない。ところが媚薬に代わり、血を熱くたぎらせ、性欲を目覚めさせてくれる有用な食品はある。ここにご紹介する5品目が米国の食事療法士らが考案した食物の媚薬。

牡蠣

殻に口をつけていただく仕草が、なんともエロティックな生ガキ。そんなカキは、男性の生殖機能を高める亜鉛を豊富に含みます。ある研究結果によれば、カキに含まれる特殊なアミノ酸には、性欲を促すはたらきがあるとのこと。加熱しても美味しいカキですが、媚薬効果が最も高いのは「生ガキ」だそうですよ。

トウガラシ

食べると体がぽかぽか温まるトウガラシ。辛味成分の「カプサイシン」には血行促進、発汗作用、疲労回復効果などがあります。トウガラシを食べると、快感や陶酔感をもたらす「エンドルフィン」の分泌が促されるそうですよ。ちなみに体が冷え切った状態だと、夜のパフォーマンスも下がってしまいますから、寒い日には辛い料理で体を温めましょう!

唐辛子

辛いものがダメな人は気をつけて摂取。唐辛子は心臓の働きをよくし(しょうがと組み合わせると効果は2倍)、男性の性欲によい働きをもたらす。

アルコール

アルコールには、血行促進・ストレスの抑制効果・催淫効果・本能の開放など様々な効果があり、適量であればお酒を通じて一気に相手と親しくなれる飲み物です。ただし、飲み過ぎると男性の場合、勃起しにくくなることもありますので注意が必要です。恋人と飲むアルコールは「ほろ酔い」程度にたしなむのをおすすめします。

ハチミツ

ハネムーンの語源にもなった習慣では、新婚直後の新婦は1ヶ月間蜂蜜酒を飲んで子作りに励んだそうです。

生姜

「生姜」は昔から薬効効果がある食材として使われてきました。体を温める効果がある、消化を助ける効果がある、食用増進作用がある、冷え性を改善してくれる、肩こりや頭痛に効果がある、などなど、生姜にまつわるありがたい話はいくつも存在しています。